記事の詳細


スポンサーリンク




Pocket

 

モデルの武藤静香さんといえば、2006年から続けてきた雑誌『小悪魔ageha』の専属モデルの
活動がきっかけで知名度が急上昇!それがブレイクのきっかけといっても過言ではありません。
その後は、自身のブランディングや影響力もあるかと思いますが、独自のマーケティングや戦略
により、立ち上げわずか3年で月商一億円を達成したアパレルブランド『Rady(レディー)』と、
実業家としての顔も持っています。

 

 

武藤静香が8年の交際を経て念願の結婚を発表!
旦那さんはしゅうくんこと松田周さん。

 

 

武藤静香さんの熱愛や彼氏として噂されている人はいるのか?モデルでスタイル抜群で、
顔も可愛くて、彼氏がいてもおかしくはないだろうと思うのですがその彼氏は一体だれな
のでしょうか?それに関して調べてみますと、「しゅうくん」という名前がでてきました。
このしゅうくんというのが彼氏だと思われるのですが誰なのか?武藤さんのアメブロでも度々
しゅうくんとの話しが出てきます。記事の内容から見ますとどうやらこのしゅうくんが彼氏の
ようです。ところが、このしゅうくんとの話しが頻繁にされているのは2008年ごろのことで
今は交際しているのか?交際しているとすればかなり長いのですがどうなのでしょう?

 

しゅうくんの本名が松田周さんという方なのですが、武藤さんは松田さんのことがとにかく
好きで好きで仕方がない。ご自身のブログを見ているとそんな気持ちが伝わってきます。
松田さんもファッション関係会社の社長、武藤さんもRadyを立ち上げ社長業バリバリです。
そんな二人の共通点はファッションブランド、実業家というところではないでしょうか。
これをきっかけに交際したのか、それともそれ以前に交際していたのかは分かりませんが、
お互いの気持ちが分かりあう状況で、更には、武藤さんは松田さんの事が大好き。

 

松田さんも武藤さんが好きであるなら結婚も考えるでしょうし、武藤さんの起業センスを
考えれば結婚することに対してメリットがたくさんあるのではないかとも思われます。
ところが、破局した?その理由は定かではありませんが、お互い経営者の立場だから逆に
結婚はし辛かったのかもしれません。

 

経営者同士ですと、当然ビジネスの話しで盛り上がるとは思うのですが、方針に対して
口を出したり、独自のマーケティングに対し意見を言ったり、面倒臭いことにもなります。
また、社長として現在成長中の会社を持っていればお互い忙しく中々一緒に過ごす時間が
ないとなれば、結婚に踏み切るのも難しいでしょう。
交際があまりにも長いのでこのように破局説を勝手に唱えていたのですが、そんな勝手な
僕の予想は大外れで、ここ最近、2013年12月27日にご結婚されたことを公表したのです。
本人も、「小悪魔ageha」武藤静香、結婚を電撃発表 交際8年
「やっと叶いました」
と、嬉しそうにコメントしていました。

 

経営に関しても、武藤さんが18歳、松田さんが21歳で二人だけではじめ、武藤さんが
デザインを担当、松田さんが経営をしてきて今では年間50億円も売り上げる会社へと
成長させたのです。いや、ホント凄いですね。それに、こういうのっていいですよね。
恋人時代に二人で会社を立ち上げ、それを愛を成長させると比例して会社も成長させるって
素晴らしいことです。幸せになっていただきたいと個人的に思うのですが、こういうケースって
離婚とかしにくい傾向にあるようなんですね。

 

昔から二人で大切なものを作ってきたとか、二人で辛い思いを共有したとか、貧乏時代を共有
したとか、二人で苦難を乗り越えたという経験があると、やっぱりお互い、旦那は
彼しかいない、嫁は彼女しかいないという認識になるので、信頼関係の結束がとても
強くなるんですね。

 

そのようになると、離婚する前になんだかんだ踏みとどまるんだそうです。ルックスでは
なく本当の愛情で結ばれたおしどり夫婦ってやつですね。また、松田さんは亭主関白的
なところに武藤さんがついてきているのかもしれません。8年間武藤さんは一切名前で
呼ばれたことがなく、プロポーズもしていないんです。でも、結婚はする。そういうちょっと
変な感じが逆に均衡を保っているのかもしれないです。何はともあれ、これからもお幸せに!

 


画像出典元:なんでもよくなーい??が口癖

※当サイトのアーティストの画像は全てamazonアソシエイト提携で提供されたものを使用しております。

 

Pocket


シェア
ツイート


スポンサーリンク





関連記事

フェイスブックでコメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



スポンサーリンク

総監督ぺんぎんの日記

pengin2

フェイスブックページ

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る